定年退職は、会社勤めをしている人であれば、宿命のように訪れるものです。

職場によっては、ひっそりと退職を迎えてしまう人もいるでしょうし、盛大な退職のお祝いが待っている職場もあるでしょう。

また定年と一言で言っても、今は60歳という企業が多いですが、昨今サントリーや大和ハウスなど大手の企業が65歳定年制を導入したこともあり、これからは定年=65歳が一般的になるかもしれません。

さて、そんな定年退職について、今回は職場の部下が、どうやったら感動の退職祝いサプライズができるのか、いろいろと考えていきたいと思います。

退職を祝う時に一番嬉しいと思うことは、突然のサプライズ

そもそも本人は、いつも通り業務を行い、ひっそりと会社で最後の出勤の日を迎えると思っていることでしょう。

しかし、思ってもいないサプライズが行われれば、驚きと同時にとてもうれしい気持ちになるのではないでしょうか?

部下としては、最後の出勤の日がわかっているので、前からしっかりと計画を立てることができます。

ただ、その計画は本人に悟られてはいけないので、退職される方に気づかれないところでこっそりと打ち合わせするのはとても難しいのものです。

どういったことをしたら良いのか、部下同士で何度も打ち合わせが必要になります。

本人にどういったことをしたら喜んでもらえるのか、どのようなプレゼントをあげたら喜んでもらえるのか、すごく考えることになるかと思います。

サプライズ成功のためのさりげない事前のリサーチ活動

とにかく、前項に記したように「サプライズ」というものは、準備が非常に大変ですが、成功した後の上司の喜ぶ顔を想像しながら作業を進めると頑張れますよね。

さて、プレゼント選びについては、普通の会話からさりげなく、どんなものが好きなのかを事前に聞き出してリサーチします。

それでわかれば比較的楽に計画が進んでいくのですが、それでもわからなかった場合は、部下の中で話し合って決めなくてはなりません。

でも、本人にとっては、部下がお祝いを計画してくれているということだけでもありがたいと思うはずですので、しっかり検討して決めてみてください。

退職する先輩に対して部下が思い出に残る演出をする

人生の大部分を占めた会社生活。

そんな会社を退く際の退職祝いは、本人にとっても部下にとっても、大切なイベントにしたいものです。

そのためのサプライズは、準備に時間をかけた分、祝ってもらえる方も祝う方もとても楽しい思い出になることでしょう。

例えば、事前にリサーチして分かった好みのプレゼントと一緒に、色とりどりの花を1人1本ずつ渡しながら退職される方に挨拶をするというのも素敵です。

一緒にメッセージカードや寄せ書きなどを添えると、さらに気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

そして、最後は退職される方を中心にみんなで集合写真を撮って記念に残る1日にしたいですね。

上司のためにサプライズを計画しているみなさんの心を込めた計画が成功することを願っています。

LINEで送る
Pocket