はれて会社を退職する際、たくさんの退職祝いをもらった方は多いはず。ただ、退職祝いにお返しは必要なのか悩む方は増えています。

「今更、お返しを贈るのもおかしいかも…」
「でもお返しを送らないと失礼な気がする」
「お返しに何を送ればいいんだろう…」

退職祝いのお返しに関する悩みは尽きませんよね。そこで今回は退職祝いのお返しについて解説。すぐわかる内祝いのマナーを覚えて、退職祝いのお返しに対応しましょう!

 

退職祝いのお返しは不要!内祝いのマナーとは?

結論からいうと「退職祝いにお返しは不要」です。退職祝いをもらった方の多くが新しい環境へ移動します。その際に、お返しを贈るとなると自身の負担が大きくなってしまいますよね。贈った側も贈られた側も負担にならないためにも、特別な理由がない限りお返しは不要です。

そもそも、なぜ退職祝いにお返しが必要といわれるようになったのか?それは内祝いが大きく関係しています。

・内祝いとお返しの違い

内祝いのことを「お返し」的な意味合いで使っている方は多いですが、それは間違いです。内祝いとは、幸せを親族にお裾分けすること。つまり、お祝いをもらっていない方にも、こちらからプレゼントを贈ります。

退職祝いに内祝いのマナーを取り入れるなら、親族にプレゼントを贈る必要があります。さらに、親族以外にも退職祝いの内祝いを贈ると考えると、大きな出費となりお祝いどころではありません。今日を機会に内祝いとお返しの違いを覚えておいてください。

・退職祝いにお返しをするなら

さて、もし退職祝いにお返しを贈るなら、2つのパターンが考えられます。それは、純粋にプレゼントしてくれた方に「お返し」を贈るパターン。そして、退職祝いに親族へ「内祝い」を贈るパターンです。

前者の場合は、基本的にお返しは必要ありませんが、特別にお世話になった方にはちょっとした贈り物を用意しましょう。会社によっては退職祝いのお返しをするのが慣習になっている場合もありますので、事前に確認しておくと間違いありません。

また、後者の場合は純粋な内祝いになるので、同じく贈り物を準備してください。

・退職祝いのお返しを贈る時期

退職祝いのお返しを贈る際に難しいのが贈る時期です。退職後に改めて訪問するわけにはいかないのでタイミングが重要になります。基本的に退職から1週間以内にお返しの手配をしておきましょう。あまり早すぎても遅すぎても迷惑になってしまいます。

ただ、会社の退職祝いなら退職の日にお返しを持っていっても問題ありません。お礼状をセットにしてお返しを贈りましょう。

・退職祝いのお返しの相場は?

続いて、退職祝いのお返しの相場に関して。お返しの相場はもらったもの3分の1といわれています。これ以上の価格のものは、相手に気を使わせてしまい失礼に当たります。また、退職祝いのプレゼントが少額の場合は、お礼状のみをプレゼントするなどして対応してください。

お返しの相場はプレゼントの3分の1程度なので、大体1,000円から5,000円ほどになるでしょう。もらったプレゼントの金額がわかりにくい場合は、こちらの相場を参考にしましょう。

・退職祝いのお返しに何を贈る?

退職祝いのお返しを贈る際に悩みやすいのが、お返しに何を贈るかという点です。退職祝いのお返しは贈る相手によって内容を変えるのがいいでしょう。ここでは、相手別に適した贈り物を紹介します。

◎会社の人に贈る場合

退職祝いのお返しで一番多いパターンが会社に贈る場合です。特に、会社の部署一同などで退職祝いをもらうと、何をお返ししたらいいのか悩みますよね。個別に贈っていると、費用が多額になるため注意が必要です。

そこで会社の方にまとめて楽しんでもらえる贈り物がおすすめ!基本的に会社内で消費できるお返しがいいです。

例えば、コーヒーや紅茶、お茶の詰め合わせ、お菓子にギフトセットなどが適しています。まとめて贈れば個別で贈るよりも費用がかかりません。社内で使えるものをテーマにお返しを選んでください。

◎個人に贈る場合

特定の個人の方から退職祝いをもらったら、一般的なお返しをしましょう。もらった額の3分の1を目安にお返しをプレゼントしてください。基本的にタオルを含めた日用品のプレゼントで構いませんが、相手のことを知っているなら趣味に応じたプレゼントもおすすめです。

ただし、趣味のものをプレゼントする際も予算オーバーしないように注意しましょう。親しい間柄だからこそ気を使われる方は多いです。あまり高価なものをプレゼントすると、お返しの仕合になるので気をつけてください。

◎親族に贈る場合

親族へお返しを贈るなら定番のタオルで十分です。また、近しい間柄なので食事や旅行をプレゼントしてもいいでしょう。外部の方に贈る場合と違って気負いせずにお返しを選んでください。もちろん、最初にお伝えしましたがお返しを贈らなくても構いません。その場合は、感謝の気持ちだけ忘れずに伝えましょう。

 

退職祝いのお返しを贈るならおすすめしたいプレゼント

退職祝いのお返しにおすすめなプレゼント

最後に退職祝いのお返しに適したプレゼントを紹介します。これからお返しの購入を考えている方は、本記事で紹介したいプレゼントを贈ってください。

・お菓子セット

個人ではなく部署単位で退職祝いをもらった方は、みんなで食べられるお菓子セットがおすすめです。お菓子の詰め合わせは1,000円から3,000円程度で購入できます。そこまで予算をかけずにお返しが贈れるので、経済的な負担も少ないです。また、社内で消費してもらえるのでお互い気を遣うことがないというのも魅力です。

お菓子セットを選ぶ注意点は、お菓子の内容です。箱を開けたらひとつひとつ包装されたお菓子がいいでしょう。社内で食べることを考えて、なるべく手や口周りが汚れないお菓子を意識してください。

また、日持ちを考えて賞味期限の短いお菓子は控えましょう。せっかくおいしそうなお菓子でも焦って消費しなければならないとなると、相手の負担になってしまいます。できるだけ、長い間楽しめるお菓子を選ぶといいです。

・コーヒー、紅茶、お茶の詰め合わせ

こちらも会社単位でのお返しにおすすめのプレゼントです。コーヒー、紅茶、お茶は社内で消費できるので、いくつあっても困りません。コーヒー、紅茶、お茶のギフトセットは、幅広い種類が入っているもの多いです。できるだけ、種類が多いものを選び、社内でティータイムを楽しんでもらいましょう。

こうした詰め合わせの相場は2,000円〜5,000円ほど。高級なものを選ぶともう少し高くなってしまうので、普段より少しリッチなものをプレゼントしてください。社内にいたときに、どんな飲み物が人気だったかを考えてプレゼントを選ぶといいでしょう。

・タオルセット

生活の中で使ってもらえる品物としてはタオルセットもおすすめのプレゼントの一つ。

タオルセットはプレゼントにもお返しにも人気の贈り物です。実用的で使いやすく誰に贈っても喜ばれるプレゼントのひとつ。退職祝いのお返しに悩んだら迷わずタオルセットを選びましょう。

タオルセットの魅力は、幅広い価格帯やシチュエーションのプレゼントが用意されていること。

タオルで有名な今治タオルでは、価格帯ごとに特徴を持ったタオルセットが用意されています。団体へのお返しには適していませんが、個人でお世話になった方へタオルセットをプレゼントしましょう。

・洗剤セット

タオルセット同様生活の中で自然と使ってもらえる品として洗剤セットのプレゼントもおすすめ。

団体または個人にも喜ばれる洗剤セットのプレゼント。会社なら社内の洗い物に利用でき、個人なら自宅で利用できます。タオルセット同じく使いやすいプレゼントなので、退職祝いのお返しでもおすすめです。

洗剤セットの相場は3,000円から5,000円ほど。相場以内に収まるプレゼントなので、状況を見てタオルセットまたは洗剤セットをプレゼントしましょう。

・マグカップ

最後に紹介するプレゼントはマグカップです。こちらは個人の方におすすめのお返しです。普段自宅で使ってもらえる機能的なマグカップをプレゼントしましょう。

最近では一般的なマグカップと違って保温性が高いものが多く登場しています。
こうしたマグカップなら夏は冷たく、冬は暖かく飲み物を保ってくれるので、とにかく実用的です。

大体1,000円から3,000円ほどで買えるので経済的にも優しいです。普段からよくコーヒーや紅茶を楽しんでいる方にマグカップをプレゼントしましょう。

 

まとめ

退職祝いのお返しまとめ

退職祝いのお返しについて紹介しました。結論として退職祝いのお返しは不要だということがわかっていただけたかといます。ただ、どうしても気持ちを伝えたい場合はお返しを贈っても構いません。その際は贈る時期や相場、プレゼントの内容を考えて贈ってください。

もし、プレゼントが決まらない方は、本記事のおすすめプレゼントを参考に贈り物を選んでください。どれも5,000円以下に収まるプレゼントばかりです。退職祝いのお返しをしっかりと返して、新たな環境を楽しみましょう。

退職祝いを迎えた身内にプレゼントは必要?知っておきたいマナーを紹介

LINEで送る
Pocket