これまでお世話になった方が退職されるとなった場合、退職祝いにどのようなメッセージを添えるのか悩みますよね。

退職する方との関係性によってもメッセージに使える内容が変わってくるので、注意が必要です。

この記事では、退職祝いの関係別に定番でシンプルなメッセージ例や、メッセージの書き方のポイントについてご紹介します。

退職祝いの関係別に定番でシンプルなメッセージ

お世話になった上司や先輩・定年退職される方・家族といった退職祝いの関係別に定番でシンプルなメッセージをまずはご紹介します。

相手との関係性別に気を付けた方が良い点や、構成や流れについてもご紹介するので、悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

お世話になった上司や先輩に向けて書くメッセージ

丁寧な言葉遣いで感謝を述べるようにすると良いです。

「今まで本当にお世話になりました。〇〇さんからは仕事のノウハウなどたくさんの事を学ばしていただきました。今日でお別れと思うと寂しくてたまりません。今後は〇〇さんのように後輩に尊敬されるよう頑張っていきます。これからもご健康とご活躍をお祈りしています。」

定年退職をされる方のメッセージの場合

「ご定年おめでとうございます。ご在任中は一方ならぬご厚情とご指導を賜り深く感謝いたしております。末永いご多幸をお祈りいたします。」

メッセージの書き出し

「ご定年おめでとうございます。」

「長年勤め上げられご苦労様でした」

といった文章はシンプルで書きやすいです。

家族が退職する場合のメッセージ

家族と普段話している言葉遣いや思い出などを添えて書くのも良いです。

「長い間お疲れさまでした。家族のために働き続けてくれてありがとう。お陰で私たちはなに不自由なく元気で立派な大人に成長出来ました。本当に感謝しています。」

定年退職の場合、「第二の人生を謳歌してください」と言った言葉を付け加えてもよいです。

退職祝いのメッセージ文章の構成と流れ

退職祝いとして贈るメッセージの流れとしては、年齢や関係性問わず、最初にこれまでの労いや感謝の言葉を書き、具体的に伝えたいこと、そしてこれからの人生を願う言葉という流れで書けばシンプルできれいなメッセージにまとまります。

また、相手との関係性、年齢によっても言葉遣いを変えるように書きます。

また、60歳以上の方へ向けて贈る際は、定年退職後に再就職したりする人も増えてきているので、老後を連想させるような文章ではなく新たな人生のスタートを祝うようなメッセージを贈るのが喜ばれます。

退職祝い・送別会のメッセージ 書き方のポイント

退職祝いというと少し寂しいイメージがありますが、人生の再出発のためのスタート地点ととらえることができれば、また違った印象になります。

退職といっても様々なパターンがありますが、どんな場合であっても相手の方に失礼にならないように気持ちを込めて書くのがマナーです。

メッセージは印刷よりも手書きのほうが温かさがあります。遠方に住んでいる場合や顔を合わすことが困難な場合は郵送やメールでも構いません。通常は前日までに渡しておきますが、送別会がある場合はその日に渡しても問題はありません。

退職祝いのメッセージは特に関係性で言葉が大きく変わる

メッセージは相手との関係によって言葉を使い分ける必要があり、ご苦労様は本来部下にかける言葉のため上司には使えません。

定年退職をする上司の場合仕事を教わったり育ててもらったのなら、その感謝の気持ちを余すところなくメッセージに乗せるのがポイントです。自分なりの祝いの言葉を入れつつはなむけの言葉をしたためることで、感謝の気持ちが伝わるメッセージになります。

今の職場を定年で退職するといっても、最近では再就職や趣味の研究をするなど精力的に活動される方が増えてきています。定年退職をしたからといって老け込むわけではなく、第二の人生に大いに胸を膨らませている方が意外と多くいます。

新しい門出を祝う言葉で退職祝いのメッセージを考える

このように、人生まだまだこれからと考えている方には、新しい門出を祝うおめでとうの言葉を添えるのがポイントです。

メッセージをもらったほうが一番心に残るのは、具体的なエピソードが入ったものです。

退職される方との思い出やどんな風に影響を受けたかなど、具体的に書くことで相手側の心から感謝する気持ちが伝わります。

自分にとっていかに特別な存在であったかを伝えることで、会社に何か残せたと実感することができ気持ちよく退職できます。

具体的なエピソードを入れることで、その後の関係性も良好なものを保つことができます。今後の人生で壁にぶつかったときに元気が出るようなメッセージなら大変喜ばれます。

LINEで送る
Pocket