定年退職を迎える人に贈り物をする場合、何が喜ばれるのかを考えながら選ぶことが大切です。

年代や立場に合ったお祝いの品をプレゼントすることができれば、相手も喜んでくれるはずです。

そのプレゼントと共にメッセージも添えて、相手に失礼がないようにすることも重要です。

 

退職者へメッセージを添えたプレゼントと予算

一口に退職祝いと言っても、親しい同僚だったのか、お世話になった先輩だったのか、それとも個別に親しくしていた人なのかなどによって予算も大きく異なります。

職場で部署やチームという単位で贈る場合には、個人的に数千円のものを贈るよりも相手がなかなか購入できないようなものをプレゼントすることができますのでお勧めです。

定年退職祝いのプレゼントは何が喜ばれるか

実際に選ぶ時のポイントは、定年退職を迎える60代の人なら余暇を楽しめるものが良いようです。

趣味を持っている人なら、その趣味に関連するものもおすすめです。

相手にお孫さんやペットがいる場合には、一緒に楽しめるものを贈るという方法もあります。

相手の嗜好に関することはかなりの確率で喜ばれますので、より親しい人が選んだ方が間違いが無さそうです。

贈り物には、定番ですが一緒に花束も添えて、更にメッセージを加えると喜ばれます。

お花は退職祝い用と伝えると、花屋さんで用途に合わせて作ってくれます。

 

退職祝いのメッセージを寄せ書きにしてサプライズ

メッセージですが、職場では寄せ書きをするケースもあります。

寄せ書き用の台紙にそれぞれの思いを書いても良いのですが、最近では垂れ幕に寄せ書きをして、送別会の席でフラッシュモブの形で登場させるような工夫をすることもあるようです。

メッセージには相手への思いが一番出る部分ですので、心に残る言葉を考えましょう。

 

退職してから役立つプレゼントを添えて

定年退職を迎える人は、これからの人生に対して色々な気持ちを持っています。

そこに日常生活を楽しくするようなプレゼントが手渡されれば強い記憶として残ります。

相手が喜ぶ顔を想像しながら贈り物を選ぶのも楽しいことであり、お世話になった人に対しては確実に喜ばれるものを選びたいところです。

LINEで送る
Pocket