プリザーブドフラワー

家族や会社の上司などが退職をする場合、お祝いに何を贈ろうかと悩む人も少なくないはずです。

ギフトの選択肢は悩むほどにありますので、どれが良いのかと考え込んでしまうのも無理はありません。

そんな中、ひとつのプランとしておすすめなのがプリザーブドフラワーを贈ること

ギフトと言えば生花も人気がありますが、プリザーブドフラワーならではのメリットもあるのです。

水やりの必要がない

じょうろ

まず水やりが不要なことでお手入れに煩わしさがありません。

生花を贈った場合、贈る側はお手入れの心配をする必要はありませんが、贈られた側はどのように管理をしていこうかと悩んでしまうこともあるものです。

きちんと水やりもやらなければいけませんので、不慣れな人ですと面倒に感じてしまうこともあるでしょう。

その点、プリザーブドフラワーは水やりをせずに管理することが可能です。

特殊な加工で現状が維持されるため、何もすることなくキレイな状態を保つことができます。

したがって相手の負担になってしまうことがなく、贈られる側も気軽に受け入れることができるのです。

面倒くさい管理は必要なし

OKサインする女性

なお、普段はどのようなお手入れが必要なのかというと、これといった手間を掛ける必要はありません。

例えば、ほこりをかぶってしまった場合には優しいブラシなどで軽く払うだけで良く、それ以外の管理作業は一切不要です。

ただ、飾っておく場所は考えた方が良いでしょう。

直射日光に長時間当たったり、湿気のある場所に置いていたりすると、劣化が早まってしまう恐れがあります。

しかし場所の管理さえきちんとできれば、他に注意すべきことは特にありません。

キレイな状態が長く続く

カレンダー

美しい状態が長持ちするのも大きな魅力です。

生花に関しては短命なことであまり長く楽しむことができません。

そのため、贈り物で貰っても、長く愛でられることなく終わりを迎えてしまうのです。

そうした儚さが魅力でもあるものの、せっかく贈った方としては寂しく、贈られた側も切ない気持ちになってしまうこともあるでしょう。

ところがプリザーブドフラワーに関しては長寿命です。

劣化を促進するようなことをしなければ、10年程度は維持することもできるのです。

これだけの長い間、見て楽しむことができれば、ギフトとしての役目も全うでき、末永く愛でて楽しめることでしょう。

アレルギーの心配がない

マスクしている女性

花粉がないためにアレルギーの心配がないのも良さのひとつ。

世の中には花による花粉に悩める人もおり、愛でたい気持ちがありながらも楽しみにくいジレンマを感じていることもあります。

そうした人でも花粉の心配がないことで気軽に楽しむことができます。

贈る側としても相手の迷惑にならないため、安心してチョイスできるのではないでしょうか。

多様性

飾り方のバリエーションが豊富なことで、使い途に多様性があるという良さもあります。

生花と違い、水やりが不要なために飾る場所を選びませんので、例えば壁かけなどをして楽しむことが可能です。

通常では飾ることができない場所にも配置することができるため、生花では難しい活用の仕方だろうと実現することができるのです。

自然界には存在しないカラーを楽しめる

その他にも着色ができることで、自然界には存在しないカラーを楽しめるのも魅力として挙げられます。

染料を用いて色を付けることもできるため、生花ではあり得ないカラーを表現することができます。

例えば退職する人のイメージに合わせてカラーを変更するといったことも可能です。

セットギフトにするのもおすすめ

写真立て

プリザーブドフラワーはこうした魅力が詰まっているギフトであり、退職祝いの時だけでなく、様々なシーンで活用されることが増えています。

幅広い価格帯も用意されていますので、予算に合わせて選べるのも良さでしょう。

しかしながら、退職祝いにしてはどこか物足りなく感じてしまうこともあるかもしれません。

お祝いの雰囲気たっぷりのギフトとは言え、花の贈り物には違いありません。

花はサブ的な位置づけで選択されることもありますので、メインとしては力不足になってしまうとも言えます。

そのような場合は付加価値がプラスされたギフトを選択してみるのもおすすめです。

例えば写真立てや置時計などとの組み合わせで販売されている物もあるのです。

写真立てにしても、記念の写真を入れたまわりをプリザーブドフラワーが彩り美しく演出してくれることで、見た目に華やかさをプラスすることができます。

時計についても時刻を確認する度に美しい花を見ることができますので、時間を見るという何気ない行為にも喜びを与えてくれるのです。

このようなセット品のバリエーションも増えているため、よりプレゼント感を高めたい時には変わり種の一品を選択してみるのも良いかもしれません。

もちろん独自にアイデアを取り入れてみるのも良いでしょう。

主役で使えるだけでなく、彩りを出すためのアイテムとしても役立ってくれます。

メインの贈り物に合わせて添えてみることで、オリジナルのお祝いの品を贈ることができるのです。

アイデア次第でいかようにも使えるのもひとつの魅力と言えます。

LINEで送る
Pocket