会社を退職する場合の理由として、女性ならば結婚や出産などが多いと思いますし、性別関係ないものとしては、60歳の定年で退職する方が多いと思います。

どんな理由にせよ、長い間働いてこられた方への退職の贈り物には、どのようなものがふさわしいのでしょうか?

最近ではインターネットで退職祝いの特集を組んでいる店舗も多く、プレゼント候補が多くてどれにしようか迷っている方も多いでしょう。

そこで、この記事では、退職理由も含めて退職祝いにおすすめの最適な贈り物や選び方についてご紹介します。

特に結婚・妊娠を理由に退職する方の退職祝いにはお花が最適

まず、プレゼントの定番中の定番といえば、「花束」ですよね。

最近はアレンジメントも凝ったものがいろいろと販売されていますし、また「プリザーブドフラワー」という長期間飾れるよう加工された花でアレンジしたものも主流となっています。

この「プリザーブドフラワー」というものは、生の花では飾れる期間が限られてしまうところ、長いもので2年ほど持つものまで存在します。

生花の場合だと水や肥料をやったり、替えたり、日頃の世話も大変ですが、このお花ならばそういった手間が全くないので、もらった側の負担を減らすことができます。

色合いや花の種類なども相手の好みに応じて選びやすいため、受け取った相手に喜んでもらえるでしょう。

また、記念として残せる花束や花かごのほかに、ケーキ型にアレンジされたものや、ガラスの中に収納されたタイプの物など、飾りやすく豪華に見えるのものも人気があります。

置く場所が限られず、テーブルにも壁にも飾れるので、結婚や妊娠を機に退職される女性の方などには、これからの生活を楽しんでもらうという意味でもぴったりなギフトになりえます。

定年退職は人生の区切りのセレモニーなので、思い出になるサプライズを

そもそも退職祝いの贈り物は、退職される方の好みを読み取って記念品として贈るのが一番です。

したがって、たとえばお酒の好きな方への贈り物としては、ラベルに名前や感謝の言葉が入ったお酒やワインが、こだわりがあって喜ばれるプレゼントになります。

ラベルの印刷だけでなく、最近では瓶に直接刻印するサービスを行っているお店もありますし、どこも包装にもこだわり豪華に仕立ててくれますので、ギフトの専門店で注文するというのがポイントです。

このメッセージボトルや刻印ボトルといったものは、既製品にはない特別感があり、特におすすめのプレゼントになります。

同様に、酒器やグラス、ジョッキを刻印をするとオリジナリティがさらに増します。

最近では外側を漆塗りにしたガラス製品も開発され、洋風でも和風でも使うことが出来る特別な食器やグラスもあります。

また、体験を通してオリジナルのガラス製品を自分で作ることが出来る工房もたくさんあります。

身近な人へ贈るものとして、手作りのガラス細工を贈るのも心がこもった贈り物になります。

LINEで送る
Pocket